バイクのオンライン査定では事故歴や修復歴に注意しましょう。これらの情報を入力できない場合が多いからです。実際の査定では事故車として扱われてしまうとかなり買取価格が落ちてしまいます。そのため、オンライン査定の価格通りに買取される可能性はかなり低くなるのです。

事故車事故車にもいろいろな種類があります。たとえば事故を起こして破損してしまった部分がそのままになっているバイクがあります。あるいは事故を起こしても破損した部分をキレイに修理しているケースもあるでしょう。もし修理済みの場合には査定価格はそれほど落ちないこともあるのです。

仮に修復をして見た目がキレイだったとしても、どこかに事故を起こした形跡が残っていることは少なくありません。しかし、査定スタッフがそれを発見できないこともあります。だからといって、査定の際に事故歴や修復歴を誤魔化すべきではないでしょう。きちんと過去に事故があったことは伝えておくべきです。

このようなバイクを売る際にはオンライン査定はあまり参考にならないため気をつけましょう。実際に査定を受けてみて、事故歴や修復歴のあることを正直に伝えましょう。そうすれば、その点を考慮して査定をしてくれるでしょう。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket